前へ
次へ

文書を偽装することが平然と行なわれている

契約書など書類を勝手に作成をしたり、押印をすることは法律で禁止されています。
しかし横領など違反行為を平然と行なっている企業は文書を偽造することに関して何も罪悪感を感じていません。
企業全体で偽装をすることが当たり前になってしまう、ということがあります。
本来であれば罰しなければいけないにも関わらず、偽装をすることが当たり前になっていて、正式に提出をする書類を別に作成をしていることがあります。
就業をしたことがない人にはその企業の内部が分からないので、偽装をしていることなど全く考えないでしょう。
出来れば内部告発をして、その上でキチンとした調査をする必要があります。
誰の声にも耳を傾けて、事実なのかどうかをチェックしたほうがよいでしょう。
新入社員の声だから無視をする、ということがあってはいけません。
調査をしなければ本当のことは分からないということは当たり前なので、細かいところまで調査をすることは必要です。

Page Top