前へ
次へ

法律事務所に支払う費用と経済的理由

法律上の専門家に対して依頼するなら、費用はかかります。
その費用は、たいていパーセンテージ制になります。
相談者の経済的利益に関するパーセンテージが決められているケースが殆どです。
例えば借金問題の場合は、減額分を経済的利益と見なすケースが殆どです。
債務整理の手続きを踏む前は、負債額は100万円だったものの、手続きの後には50万円になったとします。
つまり50万円減額されている訳ですが、この場合は50万円という経済的利益が生じている訳です。
また車のトラブルで、相手から慰謝料を取るケースもあります。
自力で交渉した時は慰謝料40万円であるものの、弁護士相談によって70万円になる場合、30万円分の経済的利益が生じている訳です。
この30万や50万といった利益額に対して、所定の%を乗じます。
30%や50%など、事務所によって%の数字は異なります。
もしも50%であれば、30万円の経済的利益が生じた時には、事務所に15万円支払う訳です。
利益が50万円なら、支払い額は25万円といった具合です。

Page Top